「戦場のコックたち」読了

深緑野分さんの小説「戦場のコックたち」を読み終えました。 第二次世界大戦中のヨーロッパ戦線で戦う アメリカ人の特技兵(コック兵)の物語です。 (以下、ネタバレあり) 祖母の影響で料理が好きなアメリカ人青年ティモシーは兵役を志願し 18歳で空挺部隊のコック兵としてノルマンディー降下作戦に従軍する。 ヨーロッパの…
コメント:0

続きを読むread more

映画「星の子」が楽しみ♪

来月公開される映画「星の子」の完成報告イベントが 先日都内で行われ、主演の芦田愛菜さんの 哲学的な名言が話題になっています。   司会の女性の「『信じる』とはどういうことだと思いますか?」 という質問に対し、自分の言葉で、しっかり話す芦田さん。 本当に聡明で真摯で、かつ嫌味がない。 「庶民派」「たたき上げ」で急売り出し中の…
コメント:0

続きを読むread more

大杉漣 60歳のフラメンコ♪(ちょこちょこ追記)

昨日、NHKのBS3ch、プレミアムカフェで放送されていた 2011年の紀行番組「60歳のフラメンコ」を観ました。 一俳優として、一表現者として 大杉漣さんの真摯な姿勢が見られて、感動しました。 還暦を前に、死や老いがリアルに感じられるようになり 一方で、まだまだやれるという20代と変わらぬ思い その両方を胸に抱きな…
コメント:0

続きを読むread more

「パブリック 図書館の奇跡」と「怒りの葡萄」のDNA

映画「パブリック 図書館の奇跡」を観てきました。 映画の公式サイトより、まずどんな映画かをご紹介しましょう。 ある公共図書館の元副理事がロサンゼルス・タイムズに寄稿したエッセイに インスピレーションを得て、完成までに11年を費やし監督したのは 名優エミリオ・エステベス。 米オハイオ州シンシナティ。記録的な大寒波…
コメント:0

続きを読むread more

酷暑と「…」の週末に

2020年、コロナ禍のもと 8月最後の週末は、酷暑とそして… 安倍総理の辞任表明を受けて政権の総括が色んなスタンスで行われ 後継を巡って水面下の駆け引きが活発化している状態の なんとも息苦しいものになっています。 病気の平癒をお祈りはしますが… 体調不良と、その政権運営の不当な点の指摘とは別問題です。 良識ある人に…
コメント:2

続きを読むread more

プロメテウスの火~映画「ジョーンの秘密」を観て

イギリスの名優ジュディ・デンチの出演に惹かれて 映画「ジョーンの秘密」を鑑賞。 ジュディ・デンチの存在感と繊細な表情が流石だったし サスペンス、青春、恋愛、友情、女性の社会進出問題と 様々な要素が盛り込まれ、尺の長さも適度で なかなか見応えのある映画ではありましたが、 若き日の主人公への感情移入の点などで 釈然としない…
コメント:0

続きを読むread more

Hand in hand 第4回を堪能♬

若手人気ピアニスト反田恭平さんがプロデュース&出演の オンデマンドコンサート Hand in hand Vol.4の ライブ配信を楽しみました。 今回は反田さんのピアノ・リサイタルツアーの一日を オンデマンドコンサートに充てたもの。 一昨日の日曜日が本番で 昼の部のAプログラムと夜の部のBプログラム それぞれ休憩なしの…
コメント:2

続きを読むread more

モモと時間泥棒

今月のNHK,Eテレ「100分de名著」は ミヒャエル・エンデ作のファンタジー児童文学の名作 「モモ」です。 毎週月曜日の夜に放送されていて、すでに第3回までが放送済み。 来週の月曜日に最終回です。 ももんが も、この放送を機に子どものころ以来の再読。 ファンタジー文学ですが、 現代文明の風刺であり 出口を指し示す希…
コメント:0

続きを読むread more

ありがとう、真央ちゃん(^^)/ (追記あり)

浅田真央サンクスツアー初のライブ配信を 堪能しました。 サンクスツアーは一昨年、茨城の公演を観たのですが 浅田舞ちゃんに代わって今井遥ちゃんが加わり 衣装も演目もブラッシュアップされていて 見応えのある素敵なアイスショーでした♪♪ 始まったとたん、早くも涙がにじみ 終盤のクライマックスも 泣きそうになりな…
コメント:0

続きを読むread more

75年目の8月15日を前に

NHKで昨夜放送された特集番組 「#あちこちのすずさん~教えてください あなたの戦争」を 録画して見ました。 NHKのHPによると、 恋にオシャレ、忘れられない食べ物… 戦時中でも毎日を懸命に暮らしていた、 映画『この世界の片隅に』 (2016年製作/監督 片渕須直/原作 こうの史代)の 主人公・すずさん のような…
コメント:0

続きを読むread more

「確かにあった過去」から「いま、ここ」へ

某A氏の久々の「記者会見」ならぬ「台本エイ!発表」を見て 力が抜ける今日この頃。 この夏は猛暑にコロナ対策も加わって 一段と厳しい季節となっていますね。 ももんが はエアコンをつけた部屋で読書をしたり テレビや録画を観たり、合間に昼寝したり… だらだらと過ごしています。 最近読んだ二冊は、「ベルリンは晴れているか」…
コメント:0

続きを読むread more

友人の有難さ(^^)/

今日、中学・高校時代からの親しい友人と久しぶりに会い ランチとお茶をして約3時間を共に過ごしました。 美味しいイタリアンとコクのあるコーヒー そして楽しいおしゃべりに大満足の午後。 写真は、シラスと青のりのペペロンチーノ♪ いろいろと四方山話をしあって 心が軽くなりました。 コロナ如きに、あちらこちらの変な人た…
コメント:0

続きを読むread more

大地 三谷幸喜の俳優論

パルコ劇場で「Social Distancing Version」と銘打って上演されている 三谷幸喜の新作舞台「大地」をライブ配信で観劇しました。 約3時間の長丁場でしたが やっぱりライブのお芝居はいいです♪♪ 三谷氏いわく「僕の『俳優』論」だという今回の作品。 東欧の架空の独裁主義国家で 反政府とみなされた俳優たちが…
コメント:0

続きを読むread more

「プラド美術館 驚異のコレクション」~美術映画の難しさ

関東地方も、やっと梅雨が明けました! 久々に青空がのぞいているのを仰ぎながら 映画「プラド美術館 驚異のコレクション」を観に出かけました。 字幕の情報量が非常に多くて観るのに大変、との情報を事前に得て 吹替で鑑賞。 (観る前、ちょっと不安だった今井翼氏のナビゲーションは  意外と悪くなかったです。) かつて「太陽の…
コメント:0

続きを読むread more

「Little Women」との再会(追記あり)

映画「ストーリー・オブ・マイライフ / わたしの若草物語」を 鑑賞してきました。 原作の「若草物語」(原題:Little Women)は子どもの頃に 何度も読みました(挿絵がとてもきれいな本でした!)し 映画ではジューン・アリソンがジョー役を演じた1949年版を テレビで観たことがあります。 そんなわけで、とても馴染…
コメント:0

続きを読むread more

読書:ベルリンは晴れているか(三件追記)

昨年6月に朝日新聞に書評が載り 近所の図書館に予約して、読む日を心待ちにしていた小説 「ベルリンは晴れているか」を、遂に手にしました。 450ページ以上ある、分厚い単行本ですが 昨日借りて、一日半ほどで一気に読了。 タイトルをパッと見て パリを撤退するときに、かの美しい都を燃やそうとした ヒトラーの有名な一言「パリは燃…
コメント:0

続きを読むread more

Hand in hand第3弾 音楽の「癒す」力

人気ピアニスト、反田恭平さんプロデュースのライブ配信コンサート Hand in hand第3弾が昨日行われました。 今回は昼夜で曲目を変えての二部構成というマラソンコンサートで 夜の部だけをライブ配信で鑑賞しました。 第二回から日にちが余りたっておらず また、第4弾のピアノリサイタルの企画がすでに発表されていることも 影響し…
コメント:0

続きを読むread more

上野にて~ロンドン・ナショナル・ギャラリー展(追記あり)

「要&急」の用事のため都内に出かけ、その後 上野の国立西洋美術館で開催されている 「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」を 観てきました。 ※帰宅してみたニュースで、今日の都内の感染者数の  激増ぶりを知り、ある程度予想できたこととはいえ  急な変化に驚いています。  各地での豪雨災害といい、コロナの感染拡大と…
コメント:0

続きを読むread more

ドロップのような、幼子の…

熊本の豪雨災害にあわれた皆様 お見舞い申し上げます。 この、ただでさえ異常な状況下での被災 くれぐれも、「Stay Safe」で…。 また、東京と近郊では感染者の増大が続いています。 この増え方、正直、不気味ですね。 Stay Healthy ,Stay Healthy… WOWOWで今日再放送されたリモートドラマ…
コメント:0

続きを読むread more

Hand in hand第二回♪

若手の人気ピアニスト、反田恭平さんプロデュースの オンデマンド・コンサート「Hand in hand」。 4月1日の第一弾に続き、第二弾が一昨日配信されました。 今回は「反田恭平&務川慧悟 〜2台ピアノの世界〜」。 ときに丁々発止と一歩も引かない気迫で対峙し ときに実に楽し気に戯れ…。  ラモー:ガヴォットと6つのド…
コメント:2

続きを読むread more

少し追記あり 「鍵」を忘れないで!

今日は、沖縄戦で日本軍が組織的な戦闘を終えたとされる 沖縄「慰霊の日」。75年目の節目の日です。 コロナの影響で、戦没者追悼式が縮小されたものの 「痛切な祈りの日」であることには違いありません。 式で披露された、高校3年生の高良さんの詩 「あなたが あの時」に心を揺さぶられました。 <追記> 今朝の朝日新聞紙面のほか、…
コメント:0

続きを読むread more

映画「コリーニ事件」が突きつけるもの(ネタバレあり)

営業を再開した、都内の恵比寿ガーデンシネマにて 緊急事態宣言解除後初の「映画館で見る映画」を満喫! 新聞広告を見て興味を惹かれた「コリーニ事件」です。 現役弁護士である作家フェルディナント・フォン・シーラッハの ベストセラー小説を映画化した、ドイツの法廷サスペンス映画。 原作未読で事前情報を殆ど入れずに鑑賞しましたが、 …
コメント:0

続きを読むread more

センス・オブ・ワンダーと和紙の強さ、美しさ

6月も半ば。 紫陽花に菖蒲と、雨の中の花が美しい季節ですが 東京で再び感染者数が多くなり、心配ですね。 第2波というより、第1波を抑えきれていないのではと 懸念されます。 さて、そんな中、今月待望の再開となった近場の図書館で 早速いろいろと借りて読んでいます。 とても良かった本が二冊。 印象に残った言葉をご紹介します…
コメント:0

続きを読むread more

WOWOWオリジナルドラマ「五月の恋」

WOWOWがオリジナルで作ったリモートドラマ 「2020年 五月の恋」を無料放送で観ました (6月2日から5日までの4夜連続で放送)。 https://www.wowow.co.jp/drama/original/gogatsunokoi/ サイトには、出演のお二人、吉田羊さんと大泉洋さんの よう&ようコンビやスタッフのコメン…
コメント:2

続きを読むread more

すがた豊けき一樹

コロナ禍の第二波に戦々恐々としつつ 同時に、自粛解除の諸施設に喜んで足を運んだりしている 首都圏住人の一人、ももんが です。 今日は、斉藤史さんの短歌をご紹介します。 野の中にすがたゆたけき一樹あり風も月日も枝に抱きて 「すがたゆたけき一樹」、素敵な表現ですね♪ 昨日、散歩の途中、民家の庭先で 堂々たる泰山木(…
コメント:0

続きを読むread more

物買って来る…

緊急事態宣言が全都道府県で解除されて 少しずつ、「新しい生活」が始まっていますね。 第二波、第三波がくるのは確実と言われていますし 気を抜けない状況は、少なくともこの秋冬までは続きそうです。 ももんが の住まいの近辺では、商業施設や図書館等も 再開が決まるなど、待ち望んでいた動きが出てきました。 巣ごもり生活中に読み…
コメント:0

続きを読むread more

突然ですが、「神とは…」

関西は緊急事態宣言の解除が目前ですね。 ももんが の住まいは東京都に近いので まだ解除は先になりそうです。 さて、巣ごもり生活中、食事やおやつと並んで楽しみなのが 以前録画したブルーレイ等の鑑賞です。 映画や舞台、音楽、美術関係、旅番組など。 久しぶりに見るものが多く、新しい発見が多々あります。 そんな中、昨日観…
コメント:0

続きを読むread more

法学士のはしくれの呟き

ももんが は一応法学部を出ているので 「法学士」です。 この二日ほどに示された「法曹の矜持」に 胸が震える思いです。 ひとつは 元検事総長ら検察OBが、政府の判断で検察幹部の定年延長を可能にする 検察庁法改正案に反対する意見書を法務省に提出したという昨日のニュース。 意見書の概要を今朝の新聞で読みましたが、 流石に…
コメント:2

続きを読むread more

2020年、コロナ禍最中の母の日に

東京近郊では、猛烈な風が吹いている 2020年の「母の日」です。 コロナ禍のため、離れて暮らす母親に会うことも自粛の 今年の母の日は、忘れられないものになることでしょう。 ももんが母娘は、ふたりとも信者ではないくせに キリスト教会の雰囲気が好きなので 今年の母の日には、カードとともに教会ばかり集めた写真集を 郵送でプレ…
コメント:0

続きを読むread more

悲しげな桜

今日の朝日新聞朝刊の俳壇で目を惹かれた句をご紹介します。 悲しげに人を見てゐる桜かな 東京都の金子文衛さんの句です。 政治の無法無策のありようか 社会の分断の痛ましさか DVなどの家庭内の問題についてか 個々人の内面の話か… いろんな「悲しみ」を思い浮かべることのできる 懐の深い句ですね。 来年の桜…
コメント:0

続きを読むread more