虹が語りかけるもの

東日本大震災からちょうど9年。
今日、震災の起きた時刻頃に、仙台市や名取市の上空に
大きな虹がかかったそうですね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200311-00000020-kobenext-soci.view-000

上記サイトの写真を見ながら、昨日も書いた

寄る辺なさのうちに生きることを学びましょう

という言葉を、再び思い起こしました。
虹が私たちの歩みを、そっと後押ししてくれるように感じます。


話は変わりますが
昨夜、太平洋戦争中の東京大空襲から75年になるのにあわせて
スカイツリーが白色にライティングされたとか。
だけど、東京大空襲は、9日の夜から10日の未明にかけて です。
ちょっとそこの詰めが甘いというか、残念だなあと思ってしまいました。
細かすぎますかね??
でも「神は細部に宿る」とも言いますし…
どうも引っかかってしまう、ももんが なのでした。


ともあれ、近所の白木蓮が満開になっています。
ソメイヨシノの開花も近そうですね(^^)/

それでは、また♪

この記事へのコメント