テーマ:That's Entertainment

映画「星の子」が楽しみ♪

来月公開される映画「星の子」の完成報告イベントが 先日都内で行われ、主演の芦田愛菜さんの 哲学的な名言が話題になっています。   司会の女性の「『信じる』とはどういうことだと思いますか?」 という質問に対し、自分の言葉で、しっかり話す芦田さん。 本当に聡明で真摯で、かつ嫌味がない。 「庶民派」「たたき上げ」で急売り出し中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大杉漣 60歳のフラメンコ♪(ちょこちょこ追記)

昨日、NHKのBS3ch、プレミアムカフェで放送されていた 2011年の紀行番組「60歳のフラメンコ」を観ました。 一俳優として、一表現者として 大杉漣さんの真摯な姿勢が見られて、感動しました。 還暦を前に、死や老いがリアルに感じられるようになり 一方で、まだまだやれるという20代と変わらぬ思い その両方を胸に抱きな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パブリック 図書館の奇跡」と「怒りの葡萄」のDNA

映画「パブリック 図書館の奇跡」を観てきました。 映画の公式サイトより、まずどんな映画かをご紹介しましょう。 ある公共図書館の元副理事がロサンゼルス・タイムズに寄稿したエッセイに インスピレーションを得て、完成までに11年を費やし監督したのは 名優エミリオ・エステベス。 米オハイオ州シンシナティ。記録的な大寒波…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロメテウスの火~映画「ジョーンの秘密」を観て

イギリスの名優ジュディ・デンチの出演に惹かれて 映画「ジョーンの秘密」を鑑賞。 ジュディ・デンチの存在感と繊細な表情が流石だったし サスペンス、青春、恋愛、友情、女性の社会進出問題と 様々な要素が盛り込まれ、尺の長さも適度で なかなか見応えのある映画ではありましたが、 若き日の主人公への感情移入の点などで 釈然としない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hand in hand 第4回を堪能♬

若手人気ピアニスト反田恭平さんがプロデュース&出演の オンデマンドコンサート Hand in hand Vol.4の ライブ配信を楽しみました。 今回は反田さんのピアノ・リサイタルツアーの一日を オンデマンドコンサートに充てたもの。 一昨日の日曜日が本番で 昼の部のAプログラムと夜の部のBプログラム それぞれ休憩なしの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ありがとう、真央ちゃん(^^)/ (追記あり)

浅田真央サンクスツアー初のライブ配信を 堪能しました。 サンクスツアーは一昨年、茨城の公演を観たのですが 浅田舞ちゃんに代わって今井遥ちゃんが加わり 衣装も演目もブラッシュアップされていて 見応えのある素敵なアイスショーでした♪♪ 始まったとたん、早くも涙がにじみ 終盤のクライマックスも 泣きそうになりな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大地 三谷幸喜の俳優論

パルコ劇場で「Social Distancing Version」と銘打って上演されている 三谷幸喜の新作舞台「大地」をライブ配信で観劇しました。 約3時間の長丁場でしたが やっぱりライブのお芝居はいいです♪♪ 三谷氏いわく「僕の『俳優』論」だという今回の作品。 東欧の架空の独裁主義国家で 反政府とみなされた俳優たちが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「プラド美術館 驚異のコレクション」~美術映画の難しさ

関東地方も、やっと梅雨が明けました! 久々に青空がのぞいているのを仰ぎながら 映画「プラド美術館 驚異のコレクション」を観に出かけました。 字幕の情報量が非常に多くて観るのに大変、との情報を事前に得て 吹替で鑑賞。 (観る前、ちょっと不安だった今井翼氏のナビゲーションは  意外と悪くなかったです。) かつて「太陽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Little Women」との再会(追記あり)

映画「ストーリー・オブ・マイライフ / わたしの若草物語」を 鑑賞してきました。 原作の「若草物語」(原題:Little Women)は子どもの頃に 何度も読みました(挿絵がとてもきれいな本でした!)し 映画ではジューン・アリソンがジョー役を演じた1949年版を テレビで観たことがあります。 そんなわけで、とても馴染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hand in hand第3弾 音楽の「癒す」力

人気ピアニスト、反田恭平さんプロデュースのライブ配信コンサート Hand in hand第3弾が昨日行われました。 今回は昼夜で曲目を変えての二部構成というマラソンコンサートで 夜の部だけをライブ配信で鑑賞しました。 第二回から日にちが余りたっておらず また、第4弾のピアノリサイタルの企画がすでに発表されていることも 影響し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上野にて~ロンドン・ナショナル・ギャラリー展(追記あり)

「要&急」の用事のため都内に出かけ、その後 上野の国立西洋美術館で開催されている 「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」を 観てきました。 ※帰宅してみたニュースで、今日の都内の感染者数の  激増ぶりを知り、ある程度予想できたこととはいえ  急な変化に驚いています。  各地での豪雨災害といい、コロナの感染拡大と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドロップのような、幼子の…

熊本の豪雨災害にあわれた皆様 お見舞い申し上げます。 この、ただでさえ異常な状況下での被災 くれぐれも、「Stay Safe」で…。 また、東京と近郊では感染者の増大が続いています。 この増え方、正直、不気味ですね。 Stay Healthy ,Stay Healthy… WOWOWで今日再放送されたリモートドラマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hand in hand第二回♪

若手の人気ピアニスト、反田恭平さんプロデュースの オンデマンド・コンサート「Hand in hand」。 4月1日の第一弾に続き、第二弾が一昨日配信されました。 今回は「反田恭平&務川慧悟 〜2台ピアノの世界〜」。 ときに丁々発止と一歩も引かない気迫で対峙し ときに実に楽し気に戯れ…。  ラモー:ガヴォットと6つのド…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

少し追記あり 「鍵」を忘れないで!

今日は、沖縄戦で日本軍が組織的な戦闘を終えたとされる 沖縄「慰霊の日」。75年目の節目の日です。 コロナの影響で、戦没者追悼式が縮小されたものの 「痛切な祈りの日」であることには違いありません。 式で披露された、高校3年生の高良さんの詩 「あなたが あの時」に心を揺さぶられました。 <追記> 今朝の朝日新聞紙面のほか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「コリーニ事件」が突きつけるもの(ネタバレあり)

営業を再開した、都内の恵比寿ガーデンシネマにて 緊急事態宣言解除後初の「映画館で見る映画」を満喫! 新聞広告を見て興味を惹かれた「コリーニ事件」です。 現役弁護士である作家フェルディナント・フォン・シーラッハの ベストセラー小説を映画化した、ドイツの法廷サスペンス映画。 原作未読で事前情報を殆ど入れずに鑑賞しましたが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WOWOWオリジナルドラマ「五月の恋」

WOWOWがオリジナルで作ったリモートドラマ 「2020年 五月の恋」を無料放送で観ました (6月2日から5日までの4夜連続で放送)。 https://www.wowow.co.jp/drama/original/gogatsunokoi/ サイトには、出演のお二人、吉田羊さんと大泉洋さんの よう&ようコンビやスタッフのコメン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

突然ですが、「神とは…」

関西は緊急事態宣言の解除が目前ですね。 ももんが の住まいは東京都に近いので まだ解除は先になりそうです。 さて、巣ごもり生活中、食事やおやつと並んで楽しみなのが 以前録画したブルーレイ等の鑑賞です。 映画や舞台、音楽、美術関係、旅番組など。 久しぶりに見るものが多く、新しい発見が多々あります。 そんな中、昨日観…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ文化相の至言 と 正義中毒の戒め

昨日、NHKの「おはよう日本」と「クローズアップ現代+」に 日本を代表する劇作家・演出家のひとり、平田オリザさんが 出演されていました。 「命は一番大事だから、自粛するのは当然」としたうえで 「命の次に大事なもの、大切にしたいものは、  音楽だったり、スポーツだったり、一人ひとり違う」 「その違いに思いを馳せ、尊重しあう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Music For Hope♪

昨日、4月12日はイースター(キリスト教の復活祭)でした。 これにあわせてミラノのドゥオモで行われた アンドレア・ボッチェッリさんのソロライヴが YouTubeにあげられています。 音楽の力、そして映像の力 友愛にあふれ、そして力強い動画。 泣きたくなるくらい、素晴らしいです。 人影のない街の姿に胸が痛みますが 深み…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミュージカル・オタクにユーモア溢れるギフト♪

コロナウィルス禍の行方を見通せない中 ミュージカル・オタクの ももんが にぴったりの動画を 教えてもらいました。 楽しみにしていた舞台等も中止になるなど 重苦しい気分だったところに、思いがけないギフトです♪ ご紹介します。 ミュージカル映画の名作サウンド・オブ・ミュージックより ドレミの歌♪のパロディ https:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

手を取り合って

人気ピアニストの反田恭平さんがプロデュースした有料ライブ配信 「オンデマンド・コンサート Hand in hand」第一弾を 昨夜、インターネットで鑑賞しました。 反田さんはじめ演奏家の皆さま、スタッフや関係者の皆さま 豊かな時間をありがとうございました♪ 配信チケット(1000円でした)の販売など、 反田さんに協力した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

月と夜と音楽と♪

ヨーロッパやアメリカなど世界各地で、8日から9日にかけて 満月と地球への最接近が重なるスーパームーンが観測されたそうです。 日本の東京近郊では、残念ながら曇り空で観られませんでしたが 某ポータルサイトには、ニューヨークの夜空に輝くスーパームーンの 美しい写真が載っています。 https://headlines.yahoo.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミモザに込める想い

今日、3月8日は国際女性デー。 イタリアでは、女性が互いにミモザの花を 贈りあう習慣があるそうです。 ミモザって、炒り卵みたいで可愛いですよね(^^)/ 花屋の店頭で見かけ このところちょっと複数の要因で落ち込み気味だった気分が 少し上がりました。 ミモザの花言葉は 「友情」「優雅」「秘密の愛」「豊かな感受性」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美しいものは、目の保養!

東京都庭園美術館で開かれている美術展 「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美」 (タイトル長い(;^_^A) を観てきました。 アール・デコの時代を代表するガラス作家ルネ・ラリックの エレガントで美しい名品の数々を まさにアール・デコの館である旧朝香宮邸で堪能できるという またと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「北の国から」展を見てきました!

節分ですね。日脚も随分伸びてきました。 今日、近所にある河津桜のちょっとした並木道を散歩していたら 気の早いのが何輪か、もう開いていましたよ(^^♪ さて、先日、渋谷パルコの「ほぼ日曜日」で開催中の 「北の国から」展を見てきました。 衣装や小道具、写真、台本、そして数々の名シーンを流すモニター。 連続ドラマと単発のス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「2人のローマ教皇」の魅力

イギリス・イタリア・アルゼンチン・アメリカ共同製作の 映画「2人のローマ教皇」を観てきました。 以下、多少のネタバレありの感想です。 アンソニー・ホプキンスとジョナサン・プライスが、それぞれ ドイツ出身の前ローマ教皇ベネディクト16世(現名誉教皇)と アルゼンチン出身の現フランシスコ教皇を演じ、 ベネディクト16…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

罪のない嘘(追記あり)

いやはや、中東の危機や、ゴーン氏の逃亡、IRのゴタゴタに まだまだ終わらない、終わらせられない「桜を見る会」問題…。 リアルの世界では、罪にまみれた嘘、ごまかし、はぐらかしが 一段と幅を利かせているように思われてならない昨今ですが 三谷幸喜氏が1996年に劇団ヴォードヴィルショーに書き下ろした シチュエーションコメディが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無気力の中に咲く花~来年に向けて

今年も残すところ、あと二日となりました。 毎日楽しみに読んでいる、作家でミュージシャンの 辻仁成さんのブログ「滞仏日記」。 昨日の記事にこんなくだりがありました。 ちょっと長いですが、引用します。 そもそも無気力なら、無理して気力をだそうとか思わないで いいんじゃないか。頑張ろうとするのは逆によくない。 なんだこん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ave Maria in Christmas♪

サンクトペテルブルグ室内合奏団のクリスマス・コンサートを 鑑賞しました。 バッハ&グノー、カッチーニ、シューベルトの 三大アヴェ・マリアをはじめ オンブラ・マイ・フ、G線上のアリア、パッヘルベルのカノン、 タイスの瞑想曲、亡き王女のためのパヴァーヌ、 そしてヴィヴァルディの四季より冬etc. 耳になじみのある、好きな曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虹のかけら~もうひとりのジュディ

今日は、電車を乗り継いで千葉県の佐倉市民音楽ホールへ。 三谷幸喜氏の構成・演出による 「虹のかけら~もうひとりのジュディ」を観てきました。 戸田恵子さんの一人芝居(といっていいのかな…)。 再演ですが、私、ももんが は初見です。 東京での本公演がこれからなので、ネタバレなしで。 戸田さんは、全編、実にチャーミング♪ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more