テーマ:歌の世界

ドロップのような、幼子の…

熊本の豪雨災害にあわれた皆様 お見舞い申し上げます。 この、ただでさえ異常な状況下での被災 くれぐれも、「Stay Safe」で…。 また、東京と近郊では感染者の増大が続いています。 この増え方、正直、不気味ですね。 Stay Healthy ,Stay Healthy… WOWOWで今日再放送されたリモートドラマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すがた豊けき一樹

コロナ禍の第二波に戦々恐々としつつ 同時に、自粛解除の諸施設に喜んで足を運んだりしている 首都圏住人の一人、ももんが です。 今日は、斉藤史さんの短歌をご紹介します。 野の中にすがたゆたけき一樹あり風も月日も枝に抱きて 「すがたゆたけき一樹」、素敵な表現ですね♪ 昨日、散歩の途中、民家の庭先で 堂々たる泰山木(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2020年、コロナ禍最中の母の日に

東京近郊では、猛烈な風が吹いている 2020年の「母の日」です。 コロナ禍のため、離れて暮らす母親に会うことも自粛の 今年の母の日は、忘れられないものになることでしょう。 ももんが母娘は、ふたりとも信者ではないくせに キリスト教会の雰囲気が好きなので 今年の母の日には、カードとともに教会ばかり集めた写真集を 郵送でプレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しげな桜

今日の朝日新聞朝刊の俳壇で目を惹かれた句をご紹介します。 悲しげに人を見てゐる桜かな 東京都の金子文衛さんの句です。 政治の無法無策のありようか 社会の分断の痛ましさか DVなどの家庭内の問題についてか 個々人の内面の話か… いろんな「悲しみ」を思い浮かべることのできる 懐の深い句ですね。 来年の桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more